×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

かつらとは

髪の毛が何らかの原因で薄くなるのは男女を問わずに悩みの種です。この悩みを解決するのがかつらです。かつらの種類には、人毛を使った物やアクリルやポリエチレンなどの化学繊維を利用したものがあり、かつらの形状には、オールタイプ、ツーぺタイプ、エクステンション等があります。男性がよく利用するのは、部分的な脱毛を隠してくれるツーペタイプです。かつらの値段は既製品のもので10万円から、オーダーメイドだと40〜60万円程度だそうです。レーザー育毛はお勧めです。

かつら

脱毛や薄毛に悩んでいる人がよく使用するもの、それが「かつら」です。最近では、この「かつら」にも色々な種類のものが登場しているようです。また、若年性脱毛症などに悩む人も増えているため、「かつら」を使用する人の年齢は年々低下しているそうです。「かつら」を利用する人の中には、病気や薬の副作用、怪我などによる脱毛などのために「かつら」を利用する人もたくさんいます。そのため、「かつら」の中には医療用の「かつら」というものもあるようです。「かつら」にはその使用範囲に応じた3種類の「かつら」があります。頭を全部すっぽり覆う「オールタイプ」と呼ばれるかつら、脱毛の範囲が狭い場合に、ある部分だけを覆う『ツーペタイプ』と呼ばれるかつら、「エクステンション」と呼ばれる、女性がお洒落用に使用するかつらがあります。「かつら」には種類だけではなく、その装着する方法にもいろいろな方法があるようです。

部分かつら

かつらには全かつらと部分かつらがあります。全かつらとは、文字通り頭を全部おおうような形状のかつらのことです。部分かつらは、気になる一部分のみをカバーするように作られているかつらのことで、男性などは、この部分かつらを利用している人が多いようです。部分かつらは、一部分のみが脱毛してしまった場合や、一部分だけの薄毛が気になる場合などに使われるかつらです。部分かつらを使うことにより、自分が気になっている部分をピンポイントでカバーすることが可能となります。部分かつらにもいろいろなスタイルの種類があり、色はもちろん、長さやパーマやウェーブの感じなども、部分かつらによってさまざまです。部分かつらの良い点は、気になる部分だけを自然にカバーすることができるため、とても自然です。また、部分かつらは全かつらに比べて、装着も簡単ですので、部分かつらであれば外出前の少しの時間に装着をして出かけることが可能です。